ICP-OES (高周波誘導結合プラズマ発光分析)

高周波エネルギーにより発生させたアルゴンの高温プラズマの中心部でネブライザーにより溶液試料を注入して発光させる。この光に含まれている試料中の各元素に特有のスペクトル線を分光し、それぞれの強度の測定値から各元素の含有量を定量する。

ICP-OES (高周波誘導結合プラズマ発光分析)

ICP-OESの特徴

– プラズマの高温度領域で励起されるので、その工程における化学干渉が低く複雑な材料の分析が可能。
– 微量レベルから主成分に近い高濃度レベルまでの測定が可能。

測定対象試料

– セラミックス, ガラス, アルミナ, BN(窒化ホウ素), セメントなど
– 金属, 合金, 貴金属, 鉄鋼, 真鍮など
– 試薬, 触媒, 工業用水など

ICP-OESによる主成分測定事例

材料試験のための当社のサービスについてもっと知りたいですか?

材料試験のニーズについては、今すぐお問い合わせください:03-5396-0531 または、以下のフォームに記入して、EAGの専門家にご連絡ください。

To enable certain features and improve your experience with us, this site stores cookies on your computer. Please click Continue to provide your authorization and permanently remove this message.

To find out more, please see our privacy policy.