IGA (ガス成分分析)

Instrumental Gas Analysis(IGA)は、固体材料中に存在するガス形成元素(C、H、O、N、S)をppmからパーセントレベルまで測定します。 高温炉を使用してサンプルを急速に加熱し、それによって特定の元素を揮発性の形態に変換して、それらを分離、検出、測定します。

ガス成分分析の原理

高温の坩堝内で試料を燃料と共に燃焼し急速に加熱し
揮発性物質へと変換する。

– 炭素と硫黄は、燃焼及び赤外線検知によって評価
– 窒素と酸素及び水素は、不活性ガス融合によって評価
    – 窒素と水素は、熱伝導率を用いて検出する。
    – 酸素は、赤外線検出器によって検出する。

ガス成分分析の原理

測定対象試料

– 金属、合金 – Si/SiC混合品 – 貴金属材料 – CdTe – 黒鉛 – 各種セラミックス

分析応用事例

– 鉄鋼材料及び炭素化合物中の遊離炭素量評価 (ISO 3908)
– Mg及びMg合金試料中の酸素濃度評価

材料試験のための当社のサービスについてもっと知りたいですか?

材料試験のニーズについては、今すぐお問い合わせください:03-5396-0531 または、以下のフォームに記入して、EAGの専門家にご連絡ください。

To enable certain features and improve your experience with us, this site stores cookies on your computer. Please click Continue to provide your authorization and permanently remove this message.

To find out more, please see our privacy policy.