ICP-OES(高周波誘導結合프라즈마発光分析)

高周波 エ ネ ル ギ ー に よ り 発 生 さ せ た ア ル ゴ ン の 高温 プ ラ ズ マ の 中心 部 で ネ ブ ラ イ ザ ー に よ り 溶液 試 料 を 注入 し て 発 光 さ せ る. こ の 光 に 含 ま れ て い る 試 料中 の 各 元素 に 特有 の ス ペ ク ト ル 線 を 分光 し, そ れ ぞ れ の 強度 の測定値から各元素の含有量を定量する。

ICP-OES(高周波誘導結合프라즈마発光分析)

ICP-OES의 特徴

– 프라즈마의 高温度領域で励起されるので、その工程에 おける化学干渉が低く複雑な材料の分析が可能。
– 微量レベルから主成分에 近い高濃度レベルまでの測定が可能。

測定対象試料

– 세라믹스, 가라스, 알미나, BN(窒化ホウ素), 세먼트 등
– 金属, 合金, 貴金属, 鉄鋼, 真鍮 등
– 試薬, 触媒, 工業用水등

ICP-OES에 ~하는 主成分測定事例

材料 試 験 の た め の 当 社 の サ ー ビ ス に つ い て も っ と 知 り た い で す か?

材料 試 験 の ニ ー ズ に つ い て は 、 今 す ぐ お 問 い 合 わ せ く だ さ い : 03-5396-0531 ま た は 、 以下 の フ ォ ー ム に 記 入 し て 、 EAG の 専 門 家 に ご 連絡 く だ さ い。

특정 기능을 사용하고 사용자 경험을 향상시키기 위해이 사이트는 컴퓨터에 쿠키를 저장합니다. 승인을 제공하고이 메시지를 영구적으로 제거하려면 계속을 클릭하십시오.

더 자세한 정보는 저희의 개인 정보 보호 정책을 읽어보십시오..