LA-ICP/MS(레이자-照射型 誘導結合프라즈마質量分析)

レ ー ザ ー ア ブ レ ー シ ョ ン 誘導 結合 プ ラ ズ マ 質量 分析 法 (LA-ICP-MS) は, 直接 マ イ ク ロ ス ケ ー ル サ ン プ リ ン グ を 使用 し て 固体 材料 の 高精度 元素 お よ び 安定 同 位 体 分析 を 提供 す る 分析 技術 で す.

LA-ICP-MS는、強力ななノ秒파르스레이자빔を使用して、산프르노表面から材料を除去します。蒸発、이온화が発生し마스。레이자아브레이션」。

LA-ICP/MS의원리

固体試料に対しレーザーを照射し、そのエネルギーで照射部分を蒸発・微粒子化させる。

LA-ICP/MS의원리

LA-ICP/MS의 特徴

– 微量レベルから主成分에 近い高濃度レベルまでの測定が可能。
– 周期表の大部分の元素の測定が可能。(例外元素;C, N, O, F, Ne, Cl, Ar, Br, Kr, Tc, Xe, Pm, Po, At, Rn, Fr, Ra , Ac, Pa)
- 試 料 全体 を 溶液 化 で き な い 場合, ま た は 局部 的 に 測定 し た い 場合 に 有効.
– 深さ方向分解能:~1μm
– 前処理を必要とせず、非破壊に近い測定が可能。

LA-ICP/MS니요루라인스캐분분析

LA-ICP/MS에 よる内包成分分析

材料 試 験 の た め の 当 社 の サ ー ビ ス に つ い て も っ と 知 り た い で す か?

材料 試 験 の ニ ー ズ に つ い て は 、 今 す ぐ お 問 い 合 わ せ く だ さ い : 03-5396-0531 ま た は 、 以下 の フ ォ ー ム に 記 入 し て 、 EAG の 専 門 家 に ご 連絡 く だ さ い。

특정 기능을 사용하고 사용자 경험을 향상시키기 위해이 사이트는 컴퓨터에 쿠키를 저장합니다. 승인을 제공하고이 메시지를 영구적으로 제거하려면 계속을 클릭하십시오.

더 자세한 정보는 저희의 개인 정보 보호 정책을 읽어보십시오..